ガラスを用いるということについて

ガラスの作家さんで、絵画の世界から転向した作家さんがいる。お話を読んだり聞いたりすると、「絵の具ではどうしても表現できなかったことが、ガラスでは掴めた。」ということや、それに近い内容を仰っている。ガラスの発色の良さやツヤは、絵の具で表現してきた作家さんにとっては、今までと違う新しいものを与えてくれるのかも知れない。
glass_plants1


【“ガラスを用いるということについて ”の続きを読む】

2019.08.27 | | 制作について

升方允子 Webサイトの更新

この度、升方允子 Websiteに当サイトにおける Privacy Policy を公開いたしました。随時、見直してまいります。

よろしくお願いいたします。



マスカタの作品については、こちら升方允子のWebsite へ。
Please check the Artist, Masako Masukata.

2019.07.19 | | Websiteについて

Blog内の変更について

この升方允子のBlogですが、本日からSNSへのリンクボタンを無くしました。
しばらくこの形態で続けようと思っています。
よろしくお願いいたします。



マスカタの作品については、こちら升方允子のWebsite へ。
Please check the Artist, Masako Masukata.

2019.03.06 | | Websiteについて

2018年のこと

2018年も、あと少しですね。
そして、平成最後の年末。
「昭和が約60年 平成が30年。日本はおよそ30年周期で回っている」と どこかで見かけたので、なんだか数字で表されると面白いなと。(ちなみに、明治+大正も約60年)



さて、自分自身については、1年の間にアトリエの引越しが2回あり、少しバタバタとした。作品については、より意識をガラスに寄せて過ごした一年だった。2017年の2人展の後、ある人から「ちょっと一旦ガラスに戻ってみたら?」という意味深なコメントをいただいて、その年の内に吹きガラスを再開した流れからの2018年で、今年も吹きガラスから得るインスピレーションを大切にしたいと思ってやってきた。
以下、印象的だった「ガラス」を用いた作品の展覧会を2つピックアップしてみる。


【“2018年のこと”の続きを読む】

2018.12.31 | | 展覧会日記

展覧会のお知らせ

グループ展のご案内です。
JCAT Exhibition Summer 2018  << More infomation
“ WE ”  8.7 - 9.15 2018
Opening Party Every Thursday 5:00 - 8:00PM
PLEIADES GALLERY << More infomation
      530 W. 25th St. #405
      NYC 10001
      Tel: 646.230.0056
WE_@PLEIADESGALLERY_2018      水源_2017_





【“展覧会のお知らせ ”の続きを読む】

2018.07.31 | | グループ展のご案内

«  | HOME |  »

プロフィール

升方允子/Masako Masukata

Author:升方允子/Masako Masukata
【1979年 富山生まれ】


石膏とガラスのコンビネーションを主として、墨やインク、ワイヤーなどを組み合わせ作品を造っています。



12歳のころ、家族で東京へ引越し
2002年、多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスコース卒業。その後、2004年頃まで故郷である富山県にて制作。2005-2006年、東京田端の共同アトリエにて制作。2006-2008年、北海道は札幌にて暮らす。



2006年の個展を区切りとして、約5年ほどの充電期間を経て、2011年制作を再開する。現在は埼玉を拠点に制作し、関東を中心に活動中。



2019年1月、
Nicole Longnecker Gallery(ヒューストン)にて個展開催。



このblogは、マスカタの中でふと気づいたことや制作について綴っていく。そして、ここでは、輪郭のないものに、言葉の方でそれを与えている場合もあります。


プライベートでは、三児のの母親でもあります。稀に、子育てに関するものも書きます。
どうぞよろしくお願いします。


升方允子

ブログ内検索