藤城清治 Seiji Fujishiro @富山県立近代美術館

帰省中、
叔母が、子供たちにどうしても見せたいというので、行ってきた。作品の数が多く、正直子連れには辛い。半分くらいで早歩きになり、途中までしか、キチンと見られなかった。
藤城清治 光よろこびメルヘン展


【“藤城清治 Seiji Fujishiro @富山県立近代美術館 ”の続きを読む】

2016.09.25 | | 徒然~つれづれ~

昔の自分に出会う

作品について思うこと【2012年 1月】
昔学んだ「ガラス」という素材は、私の意識や想像を超えて私にその質感の存在を知らしめた。あの懐かしい時間は、私にとって、素材と自分と日常の三点からなる造形を創造する原点である。
私はおそらく、日常の中で、さして表に出てこない物事の価値を確認したいと思ってきた。それは日常からの逃避なのだろうか・・・。いや、むしろ「価値」とは無縁のような存在への共感に近いだろうか。二十四節季、目の前に広がるその空までの奥行き、雪の下の土に眠る息づかい、そして群生する植物、そこでの虫や微かな光の存在、積み重ねられた時間。これらの事柄の存在するシーンやイメージと、使用する素材のテクスチャーや表情から受けるインスピレーションの交わるところを求めて、制作を重ねてきていたように思う。
------------------------------------------------


【“昔の自分に出会う ”の続きを読む】

2016.09.03 | | 作品について

«  | HOME |  »

プロフィール

升方允子/Masako Masukata

Author:升方允子/Masako Masukata
【1979年 富山生まれ】


石膏とガラスのコンビネーションを主として、墨やインク、ワイヤーなどを組み合わせ作品を造っています。



1992年、家族で東京へ引越し
2002年、多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスコース卒業。その後、2004年頃まで故郷である富山県にて制作。2005-2006年、東京田端にて制作。2006-2008年、北海道は札幌にて暮らす。



約5年ほどの充電期間を経て、2011年制作を再開する。現在は埼玉を拠点に制作し、関東を中心に活動中。



2019年1月、
Nicole Longnecker Gallery(ヒューストン)にて個展開催。



このblogは、マスカタの中でふと気づいたことや制作について綴っていく。書かないと忘れる質なので・・・。そして、ここでは、輪郭のないものに、言葉の方でそれを与えている場合もあります。

プライベートでは、三児のの母親でもあります。稀に、子育てに関するものも書きます。
どうぞよろしくお願いします。


升方允子

ブログ内検索