都市農地の可能性を探る ART in FARM 2022 (立川) に向けて -2-

◆次回の作品展示のためのメモ書き
農園で制作に関する作業をさせてもらい、それが終わってから少し建物の中で休憩させてもらった。



リヤカーと梨の木


井上さんが、ランドスケープを本職とされているためか、全体的にプラスマイナスゼロ地点(私の勝手な妄想)を感じる園内。


【“都市農地の可能性を探る ART in FARM 2022 (立川) に向けて -2- ”の続きを読む】

2022.08.28 | | 制作について

 都市農地の可能性を探る ART in FARM 2022 (立川) に向けて

◆次回の作品展示のためのメモ書き
およそ20年ぶりのインスタレーション作品になる。

【都市農地の可能性を探る ART in FARM 2022】
会場 : 井上葡萄園 立川市富士見町
会期 : 2022/10/08(土)~2022/10/16(日)
時間 : 11:00 ~ 17:00 最終日16:00まで
ART in FARM ウェブサイトはこちら


【“ 都市農地の可能性を探る ART in FARM 2022 (立川) に向けて ”の続きを読む】

2022.08.27 | | 制作について

個展「斜光」開催 ~ガラス造形~ ステートメント

来月、3月15日(月) ~ 3月20日(土)の会期で、個展を開催予定です。
個展 -斜光-で発表する作品について綴ります。
ステートメント
現在の吹きガラス技法の作品では、透明と不透明の両方のカラーガラスを使用している。普段は光とガラスの関係を考えているからですが、その一方で、私はガラスの入れ物を探し求めていて、それらは内に空気と光を抱えている。
ガラスの塊は光と影の表現を強調しているけれど、私のテーマはそれに空気、要するに目に見えない存在も含まれている。そういう理由があって、私は自分の作品に塊ではなく器の形を用いている。
前回に引き続き、その方向の作品をこの展覧会でも表現します。


~~~~





Statement of - Slanting light -
With my current hot glass work, I use the color glass of transparent and opaque glass. This is because I usually think about the relationship between light and glass. But on the other hand, I have explored forms of different glass vessels and these are hold air and light within.
I think a lump of glass emphasize the expression of light and shadows, but my theme also includes air, that is, an element which is invisible to the eyes. That is why I use the form of vessel for my art work.
Continuing from the last time, I’ll express such works in this exhibition.


【“個展「斜光」開催 ~ガラス造形~ ステートメント ”の続きを読む】

2021.03.02 | | 制作について

ガラスを用いるということについて

ガラスの作家さんで、絵画の世界から転向した作家さんがいる。お話を読んだり聞いたりすると、「絵の具ではどうしても表現できなかったことが、ガラスでは掴めた。」ということや、それに近い内容を仰っている。ガラスの発色の良さやツヤは、絵の具で表現してきた作家さんにとっては、今までと違う新しいものを与えてくれるのかも知れない。
glass_plants1


【“ガラスを用いるということについて ”の続きを読む】

2019.08.27 | | 制作について

あるアーティストの常設展示作品

先日、WEBサイトを更新してステートメントを公開した訳ですが、「どうして石膏とガラスの組み合わせなの?」と、よく素材の選択について聞かれる。それについては、WEBサイトに書いてあるとおりなのだが、石膏との出会いは、実はもっと先だったことをほぼ忘れていた。


【“あるアーティストの常設展示作品 ”の続きを読む】

2017.04.18 | | 制作について

«  | HOME |  »

プロフィール

升方允子/Masako Masukata

Author:升方允子/Masako Masukata
【1979年 富山生まれ】


石膏とガラスのコンビネーションを主とした作品を造っています。



12歳のころ、家族で東京へ引越し
2002年、多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスコース卒業。その後、2004年頃まで故郷である富山県にて制作。2005-2006年、東京田端の共同アトリエにて制作。2006-2008年、北海道は札幌にて暮らす。



2006年の個展を区切りとして、約5年ほどの充電期間を経て、2011年制作を再開する。現在は埼玉を拠点に制作し、関東を中心に活動中。



2019年1月、
Nicole Longnecker Gallery(ヒューストン)にて個展開催。



このblogは、マスカタの中でふと気づいたことや制作について綴っていく。そして、ここでは、輪郭のないものに、言葉の方でそれを与えている場合もあります。


プライベートでは、三児の母親でもあります。稀に、子育てに関するものも書きます。
どうぞよろしくお願いします。


升方允子

ブログ内検索