置田貴代美写真展を訪れる

置田貴代美写真展『ISHIKI-意識-』
2006年10月26日ー11月21日  CAFE ESQUISSE(札幌市中央区)

この展示を観たのは先週の雨の札幌、壁が青緑の喫茶店でした。
壁にある写真全てがモノクロに見えました。
私が気に入った写真が1つありまして、タイトルは「subconsciousness」 。薄暗く、雨の昼間の寝室のような雰囲気で、私の中で、意識という展覧会のタイトルと繋がった作品でした。





この展覧会には、偶然喫茶店の前を通りかかって、入ってみたのでした。喫茶店のBGMがクラッシックに変わった頃、注文したコーヒーをお店の人が持ってきてくれました。紅葉の葉っぱの模様のカップでしたが、歩道には、雨で落ち始めた銀杏の葉が張り付いてました。




★作品やプロフィールについては、
升方允子・ますかたまさこのwebsiteをご覧ください。

2006.11.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家/Artist

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

升方允子/Masako Masukata

Author:升方允子/Masako Masukata
【1979年 富山生まれ】


石膏とガラスのコンビネーションを主とした作品を造っています。



12歳のころ、家族で東京へ引越し
2002年、多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスコース卒業。その後、2004年頃まで故郷である富山県にて制作。2005-2006年、東京田端の共同アトリエにて制作。2006-2008年、北海道は札幌にて暮らす。



2006年の個展を区切りとして、約5年ほどの充電期間を経て、2011年制作を再開する。現在は埼玉を拠点に制作し、関東を中心に活動中。



2019年1月、
Nicole Longnecker Gallery(ヒューストン)にて個展開催。



このblogは、マスカタの中でふと気づいたことや制作について綴っていく。そして、ここでは、輪郭のないものに、言葉の方でそれを与えている場合もあります。


プライベートでは、三児の母親でもあります。稀に、子育てに関するものも書きます。
どうぞよろしくお願いします。


升方允子

ブログ内検索