藤城清治 Seiji Fujishiro @富山県立近代美術館

帰省中、
叔母が、子供たちにどうしても見せたいというので、行ってきた。作品の数が多く、正直子連れには辛い。半分くらいで早歩きになり、途中までしか、キチンと見られなかった。
藤城清治 光よろこびメルヘン展


さて、我が子たちが美術館へ行くとどうなるのか。
長女 → 基本的に美術館は苦手。真面目なので付き合う。しかし、ポストカード&グッズ選びは超真剣!な 乙女座9歳。
次女 → 展覧会に連れて行っても、楽しそうに作品を見るタイプ。好きな作品には感想がポンポン飛び出す。作品を見た時の疑問も正直でよろしい。コンテンポラリーもイケる5歳。以前、生け花の展覧会に行ったときは、かなり腑に落ちなかった様子で、「お花見に行くって行ったのに!ここ、お花畑じゃないじゃん 怒」と言われ超絶不機嫌に…。
三女 → まだ展覧会に耐えられない。3歳。私も彼女のタイプを よく分かってない(笑)しかし、次女とは様子は違うが、よく見てる。今回の藤城清治展では、プロジェクションマッピングに、ハマってた。
もう少し三女が大きくなったら、屋外の展覧会にも行けるかな。
----------------------------------------------------------------
★マスカタの作品やプロフィールについては、
升方允子・ますかたまさこのWebsite をご覧ください。

2016.09.25 | | 子ども

«  | HOME |  »

プロフィール

升方允子/Masako Masukata

Author:升方允子/Masako Masukata
【1979年 富山生まれ】


石膏とガラスのコンビネーションを主とした作品を造っています。



12歳のころ、家族で東京へ引越し
2002年、多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスコース卒業。その後、2004年頃まで故郷である富山県にて制作。2005-2006年、東京田端の共同アトリエにて制作。2006-2008年、北海道は札幌にて暮らす。



2006年の個展を区切りとして、約5年ほどの充電期間を経て、2011年制作を再開する。現在は埼玉を拠点に制作し、関東を中心に活動中。



2019年1月、
Nicole Longnecker Gallery(ヒューストン)にて個展開催。



このblogは、マスカタの中でふと気づいたことや制作について綴っていく。そして、ここでは、輪郭のないものに、言葉の方でそれを与えている場合もあります。


プライベートでは、三児の母親でもあります。稀に、子育てに関するものも書きます。
どうぞよろしくお願いします。


升方允子

ブログ内検索